地質基礎TOP > コラム > 第2回地質基礎工業釣り大会


第2回 地質基礎工業釣り大会レポート

平成17年10月15日

今年も昨年に引き続き、社員及び協力会社の親睦を目的に釣り大会を開催しました。
ハモが釣れたぞ。
今日はたくさん釣れるハモ。

  日時: 平成17年10月15日(土)  集合 AM4:30
天候: くもり(南大東島付近に台風20号)
場所: 福島県いわき市江名 江名沖防波堤
参加者: 9名


 南大東島付近を非常に強い台風20号がいるという天気予報を見て、少し心配していましたが、雨も降らず波うねりも左程でなく、予定の午後1時まで無事に大会を実施することができました。
 荒天を予想して、最も安全な手前左(江名港の手前の左側にある沖防波堤)に船で向かい、 各自思い思いの狙いと仕掛けで奮闘しました。
しかし、今回は大物が不調で、全て30cm以下という結果でした。我々以外の釣り客の情報と合わせても、まあ、こんなものではないかとな思います。

狙いについての寸評
投げ釣り アイナメ・マコガレイも当たりだしているという情報には程遠い状態。ここをホームグランドとするS氏やK氏のデータとテクニックを擁しても、この貧果が全てを物語る
サビキ釣り 大サバを期待した人が多数いましたが、先端の堤防と違い回遊から外れたのか1本もでず、ガッカリ。
竿を曲げたのは25cmを越えるタナゴと中型のメバル。
探り釣り 準優勝のS氏が、投げ不発で遊びに持参の短竿でメバル爆釣。今回はこれが一番だったかも。
ウキ釣り 大物狙いのO氏が諦め、T氏も諦め、最後までこれ1本だったS氏にも小物ばかり、ここでは限界か。

 総合して、釣果は決して良かったとは言えませんでしたが、みんな頭を空っぽにして竿先を見つめ、太平洋を眺め大笑いし、マイナスイオンのシャワーを全身に浴び、手にはお土産を持参して無事帰宅できたことが何よりでした。

 最後に、来年の実施と参加を誓って解散しました。


各賞は次のとおりです。

大会結果
 優勝 白井ボーリング工業 S.Kさん (昨年の準優勝者)
 準優勝 東洋リース S.Mさん

大物賞
釣果が顔にでてるかな。  楽しい釣り大会、お疲れ様でした

 アイナメ賞 常磐開発 O.Iさん
 メバル賞  東洋リース S.Mさん




Copyright (C) 株式会社 地質基礎 2001-2006