地質基礎TOP > 業務案内 > (調査部門/工事部門/測量・設計部門/橋梁事業部門/災害対応


災害対応 −災害時に発揮される技術力と機動力−
災害対応は当社へお任せください!!

●「災害は忘れたころにやってくる」

 日本は4つのプレートがぶつかり合う特殊な環境にあるため、地震や火山が多く地盤災害を起こしやすい地質環境にあります。国土の約70%が山地からなり、狭い平地部には都市が集中しているため、災害発生時の被害が大きくなる諸条件を有しております。
このような条件下、最近は地球温暖化に起因するとみられる異常気象や頻発する地震などによって各地で災害が起こっており、尊い人命や財産が失われています。
私たちは、日頃から防災を意識した生活を心がける必要があるのではないかと思います。

●こんな現象がみられたら要注意です。

以下のような現象がみられたら、関係市町村や専門業者へご相談することをおすすめします。
   ・降雨後に裏山から濁り水がでてきた。
   ・土砂が押し寄せてきた。
   ・落石が発生するようになった。
   ・山肌に亀裂や段差らしきものがみられるようになった。
   ・樹木が曲がってきた。
   ・時折、地鳴りらしき音や樹木がきしむ音が聞こえるようになった。
   ・土留や建物に亀裂が生じてきた。 など


●当社では、地盤災害に関する調査・設計・対策をお手伝いしております
 官庁や施工業者さん、コンサルタントさん、個人の方々を対象として、地盤災害に関する調査・設計・対策をお手伝いしております。当社へご相談ください。

   ・公共施設(斜面、人家、道路、河川、橋など)に発生した災害への
    調査・設計・施工(斜面防災工事)
   ・施工中に発生した変状箇所への調査・設計・施工(斜面防災工事)
   ・建物や擁壁などに発生した変状部への調査・設計・施工(擁壁補強工事など)
当社の災害対応事例はこちらをクリック


 業務案内へ戻る/調査部門/工事部門/測量・設計部門/橋梁事業部門/災害対応


Copyright (C) 株式会社 地質基礎 2001-2006